FC2ブログ

過去に寄せられた小説

昔調教していた奴隷さんが、小説家志望で、自伝的なミニ小説を書き、それを受け取ったことがあります。

私にくれたという事は、ちょっとしたラブレター的な意味合いや、次の調教のおねだりだったようにも思えます。

内容としては、かなりの部分が事実、といったところですね。

個人情報など、問題がある部分は、多少修正して公開しますので、楽しんで下さい。



そのブログには、私が居た。

初めて見たSM系のS男性ブログ。
そこに書かれているM女性の性遍歴や嗜好は、まさに私のものと同じだった。

小学生で覚えた自慰。
M女性の拘束写真を見たときの子宮の疼き。
学生時代からの続く、自己嫌悪に陥るような苛烈な性欲。

潜在的には気付いていたのかもしれない。
自分がマゾであることを。

その後、いくつものSMサイトを見て、一口にSMというには、あまりにも多くのタイプの関係性があることを学んだ。
その中で、やはり、最初に見たあのブログこそが、私の求めるものだった。
実際、そのブルグに出てくる調教への憧れが、急速に膨らんでくるのを止めることができない。

私は、その男性に連絡を取った。
おそらくは、何十人もの女性が躊躇い、良識という名の常識に縛られ、諦めた道を私は選んだ。
今、こうしなければ、後悔する。
この世界を経験しない私。それは、後悔しているくせに、これで良かったという自分への言い訳をしながら、妄想で自慰に浸る、惨めな中年女への道。
その確信にも似た想いが、私を突き動かした。


会う前の、メールのやり取りで、私の経験と望むことは伝えてあった。

SMの経験はなし。
オナニーは週5~8回(非生理時)。
アナルは、自慰経験のみあり。
男性経験は、6人。
現在、セックスフレンドなし、恋人1人。

マゾ奴隷として、調教を経験したい。
ねちっこく焦らされたい。
何度も、イキ果てたい。
恥ずかしいことをされたい。
恥ずかしいことを言わされたい。
雌犬のような格好で犯されたい。
拘束されて、アナルを苛めてもらいたい。そのまま、アナルの処女を奪ってもらいたい。

希望を伝えるたびに、その想像は具体化していき、とめどなく自分の欲望を吐露していた。


ホテルの一室。
手は頭の後ろで拘束され、脚は大きく開いたまま椅子に固定されていた。

食事の味も、お酒の味も覚えていない。

ただ、とてもSには見えない、誠実そうで、優しそうな笑顔。礼儀正しい態度。理性的な言動。
それが私の心に安心をもたらしていた。

信頼できる。
まかせてみよう。

気が付けば拘束されていた。
ただ、今置かれている状況は、私の望んだ、そのものだった。

私は、アナルの入り口を刺激されていた。

筆でくすぐられた。
ローターで震わされた。
その度、膣から溢れる愛液を指摘され、羞恥に身もだえする。

正直言って、会う前から湿っていて、こんばんは、という一声を聞いたときには、最初の露が零れていたのだ。
ただ、今溢れているものはそんなレベルでは無かった。
肛門に、バイブの先端が数ミリ押し込まれただけで、ドク、ドクッ、と熱い感覚が膣から発せられる。

すごい勃起してる、という声に、股間を見ると、びっくりするくらいの大きさで淫核が屹立していた。

その包皮を剥くように指で摘まれ、ゆっくりとしごかれる。

「うあああっ!?」

決してきつくない。早くもない。
あくまで優しく、そして意地悪な動きだ。

今まで感じたことの無いほど、濃く、甘美な快感に、発したことのないような嬌声が出てしまう。
緩急をつけてのしごきに、いつしか私は腰を突き動かしていた。

「□□□は、女なのに、こんなに大きくして、しごかれて気持ちいいの?」

「いっ、いい・・ですっ、気持ちいいですっ」

正直に言えた。

「もっと欲しいかい?」

「は、はいっ、もっと、もっとくださいっ、クリトリスをいじめてください!」

「クリトリスじゃないだろう。こんな大きなものは、ちんぽだよ。雌チンポだ」

「いやあっ、恥ずかしっ」

「ほら、きちんとお願いしないと、止めるぞ」

「やめないでくださいっ、□□□の、め、メスチンポ、もっとしごいてくださいっ」

そこまで言わされて、ようやくその行為が再開された。
アナルへの刺激も続いている。

気が狂いそうだった。
どうにかなりそうなくらい、気持ちよく、切なく、甘かった。
膣が収縮を繰り返し、熱い液が会陰を伝うのがわかる。

すぐ逝く。
そう直感した。

ただ、その直感は裏切られた。
逝きそうになると、刺激が止まる。
波が引きかけたところで、また刺激が始まる。

普通ならとっくに達している程の快感だが、逝くことを我慢した。
いや、させられた。

責めを止められるから?
違う。

「もう少し我慢しなさい」

という、声。
その声にこめられた、支配の意志こそが、私の絶頂をコントロールしていた。

「逝きたいかい?」

「はいっ、もう、もう我慢できません。逝かせてください!」

繰り返しの責めと我慢は、驚く程の高い快感の高みに私を運んでいた。

「よし、逝きなさい」

次の瞬間、私は飛んでいた。

「いっ」

大きな声は上げられなかった。
快感が子宮と、クリトリス、アナルで爆発し、その勢いで腰が何度も跳ね上がる。

そのまま、何度も逝かされた。
クリトリスをしごかれ、アナルをバイブで貫かれ、その度に達した。

だが、まだ、とどめの行為をされていなかった。
そのことの期待と不安で、私は欲望を滾らせてしまっていた。

その人は、荒々しい木彫りのようなペニスを、見せつけながら言った。

「これが欲しいか?」

「ほ、ほしいです・・・」

「どこに?」

「□□□の、アナルです・・・」

「私の奴隷になるなら、挿れてあげてもいいよ」

「な、なります!」

躊躇している余裕などなかった。
今なら言える。
ここまで心身を預けたのなら、もう哀願するしかない。

「私を奴隷にして下さい!、ご主人様になってください!」

「いいだろう、では奴隷となったご褒美だ」

アナルに入っていたバイブが抜かれ、ゆっくりと男根が侵入してくる。

圧倒的な重量感。
それが奥まで埋まりきった瞬間、私は叫んでいた。

「逝きますっ、ご主人様、□□□、逝きます!!!」

私は、処女地であったアナルへの、最初の一撃で、とどめをさされた。
そして、逝った。
一瞬意識を失うが、圧倒的な快感の津波に、また、飲み込まれる。

抜かれる度。
刺し貫かれる度。

その度に私は逝った。
逝っても逝っても、止まらなかった。

まだ、何もされていない膣が、勝手に開閉を繰り返し、愛液を吐き出す。
目から涙が、口からは涎が。
ひょっとしたら、失禁すらしていたかもしれない。

それほど、私は快感を味わい、貪欲にそれを吸収した。


私は痙攣していた。
既にペニスは抜かれたが、身体が震え続ける。
あまりの絶頂感に、まだ身体の痙攣を止めることができないでいた。

その人、いやご主人様は、結局達さなかった。
男根は固いままだ。

ご主人様は、避妊具を取り去ると、私に被さり、抱きしめて下さった。
しっかりと、強い力で。
震えが止まるように。

ご主人様だ、と確信した。
頭ではなく、心で。

この人は、私のご主人様なんだ。
日常でどのような出会いがあろうと、それがいかに充実した幸せであろうと、非日常のこの世界では、この人こそが、私の渇望していた存在なんだ。

それを悟った。

その後、さらに調教は続き、私は何度も高みに上がり、ご主人様への想いとともに、あらゆる体液を溢れさせながら、痙攣をし、果てた。

膣へは、生で挿れて頂きたかったが、断られた。
そのかわり、射精したばかりのその部分の掃除は許された。

私は愛おしい、その男根様を、舐め、しゃぶって綺麗にする。
口腔に満たされる、ご主人様の脈動とフェロモンが、私の脳髄を蕩かした。
いつの間にか、ご奉仕することを忘れ、夢中でしゃぶる。
しゃぶりながら、雌犬のように腰を振っていた。


充足した満足感か、甘い疲れからか、私は眠っていた。
しかし、日の出前に目が覚める。

あれだけエクスタシーを得たにも関わらず、私の火は消えていなかった。
その火が、私を眠りから引き起こしたようにも思える。

まだ寝ているご主人様の脚に、股間を擦りつけ、自慰を始める。
我慢できずに、その男根様をしゃぶってしまう。

恥ずかしい姿だった。
今までなら、許容できないような行動だった。

でも、今はご主人様とだけの時間。
どんな恥ずかしいことでもできる。
何でも見せられる。
ご主人様にも、自分自身にも。

私は、ご主人様に全てを預けるのと同時に、汚らしく思えた自分自身にも歩み寄り、抱きしめることができた。

もう、我慢しなくていいのよ。
卑猥で汚らしいマゾ雌である私。
その全てを、受け入れて下さる主様の、奴隷にして頂いたのよ。
もう居場所ができたのよ。

そう、囁くことができた。

圧倒的な多幸感の中で、私は雄々しく勃ち上がった男根様をしゃぶりながら、ご主人様の脚に愛液をしぶかせ、絶頂した。

起きたご主人様は、私に目隠しをすると、指で乳首を刺激しながら、耳元で私の願望を吐露するように、命令した。

きちんとお願いできたら、次の調教で、それをしてあげてもいいよ、とご主人様の声がした。

次の調教、という言葉だけで私は、愛液を溢れさせる。

そして、乳首への刺激だけで、何度も達しながら、昔から、そして今生じた願望、妄想、想いを、うわごとのように吐き出した。

「生の男根様で犯してほしいです」

「ご主人様の聖水を□□□のアナルにください」

「アナルも、おまんこも、ご主人様の精液を注ぎ込んで欲しいです」

「雌チンポをもっと大きくしてください」

「調教を受けているところを、撮ってもらいたいです」

「屋外で、服の上から乳首を責めてもらいたいです」

「お尻にムチを頂きたいです」

「専用の首輪を与えてほしいです」

「ご主人様のお体を、くまなく舐めさせてください」

とめどなく、私は卑猥で背徳的な欲望を口にした。

発情したマゾの雌犬。
それが私。
それを認めたからこそ、ご主人様に調教していただける。

その後も、私はとめどなく調教を甘受し、卑猥な雌犬である自分に酔った。
その変態性を喜んでいただける人に仕えることに、歓喜した。
ご主人様に見守られながら、花火のように弾けた。


昼過ぎに、ベッドから起き上がった。
チェックアウトのまでの時間が減るのと同時に、日常の空気が押し寄せてくる。

片付けをし、奴隷から日常の姿へ着替え、一緒にドアの前に立ったとき、まだご主人様と私の2人だけであることに気付く。

このドアを空けた瞬間、非日常が終わる。

私は、その場にひざまずくと、ご主人様の股間に頬を止せ、震える声で言った。
「また来月、調教していただけますか?」

頬ずりしているところから、凶暴な固さが感じられ、私は安堵の息を吐いた。

その翌日から私は、次の調教に向け、□□を始めた。



作者さんは、当時、中国地方(日本のです。たまに勘違いされる方が居るので)に在住で30代前半の、OLさんです。

日常では非常に仕事が出来る方で、今は、社内でもかなりの立場で活躍されており、私生活では、結婚されて、一読者として応援して下さっています。


時事話題(女性議員のスキャンダル)

Y議員の不倫報道を見て感じたこと。

あれはやってますね。実際にセックスしていたと思います。

理由としては、男女が2人だけで、ホテルで一泊過ごすのだから、そういう関係でないのであれば、写真なりビデオなり「そういう関係でなかった証拠」を残す筈だから。
普通に考えてそうなのだから、議員ともなれば当然そういう防衛手段を取るはず。
それを取らなかったのだから、密会=性交渉があったと見るのが妥当。

少し気になるのは、前から、Y議員の本質的な性嗜好が、ストレートでは無いように思えること。

私の経験だと、美人で仕事もバリバリこなすタイプは、M性が強い傾向にあります。

もちろんこういう人は、性欲も強く、自分の性嗜好に合ったパートナーと、没頭することが多いです。

週4回、会っていたあたり、ちょっとそのような関係性が感じられます。

また、これまでの経歴からして、「自分の性」に正直になるタイミングだった可能性が高い気がします。

忙しさを言い訳に溜めこんだ、悪く言えば「欲望の澱」、良く言えば「豊かな生命力」が溢れ出てしまった。

そんな感じでしょうか。


ちなみに、年齢とともに迸らせてしまう、女性の生命力については、仕方のないことだと思います。

それがどのように、背徳的な行為であっても、他の人に迷惑をかけなければ、良いのです。

ただし、日常と非日常を分け、きちんと管理する、、、それが大人の姿かと思います。


まあ、その余裕も無いほど、性欲が噴き上がってしまったのでしょうね。

それはそれでエロくていい(笑)。


文春さん、もう少し踏み込んでくれないですかね。



初体験の話

今日は、SMの話ではなく、私の初体験の話をしようと思います。

私の初めてのSEXは大学時代でした。

文化祭の準備で遅くなったときに、別の部活の女の子を送っていったときのことです。

もともと、2人とも体育会系だったので顔見知りでしたので、あまり違和感はありませんでした。

彼女は、大学近くのいわゆるアパートで一人暮らしをしていて、近くまで送ったとき

「良ければ、お茶でも飲んでいかない?」

と、声をかけられたのです。

実は、その子が比較的最近別れたと知っていたので、そういう意味かな、と漠然と考えていました。

で、お茶の後、チューハイを出されて、お互いに相手がいないことを探りあって、既定路線のように私は彼女に重なっていました。


もう随分前の話なので、どのような前戯を行い、どのようなタイミングで避妊具をつけたか、といったことがあまり思い出せません。

ただ、挿入する段階になって、なぜか冷静になっていったのは覚えています。

もう、十分に濡れたそこに、ペニスを押し当て、ゆっくりと腰を進めていきました。

ペニスの先端が沈んでから、最後までいれるのに、1分くらいかけたような気がします。

焦れた彼女が、泣きそうな顔で

「ちょうだい、もっとちょうだい!」

と懇願しますが、あくまでゆっくり静かに腰を動かしました。

引くときも、雁首の部分が入口に抜けるまでこしを引き、その首の部分で入口の括約筋を、刺激するように動きました。

彼女は、両手を口にあてて、声を必死に殺していました。


私は、当時から何となく、女性とのSEXはこういう風に焦らした方が、興奮しましたし、彼女自身もそういう性癖だったのでしょう。

彼女は急に、下から腰を突き上げるような動きをしたかと思うと、指の間から

「っく、ぃくっ・・・」

と声をあげ、がくん、と体を震わせました。

私は、性経験は少ないわりに、当時から、いわゆる「粘っこく責め、簡単には射精しない」という、中年的な嗜好があり、彼女は性欲も体力も人並み以上で、Mっ気もあったため、とても身体の相性が良かったのです。

そのまま、体力が続くまで交わり、彼女の部屋を出たときには、昼近くになっていました。

で、結局そういう関係は卒業まで続いたのですが、とにかく、彼女は動きも声も激しかったため、アパートでのSEXは控え、ラブホテルを利用するようになりました。

当然、お金はかかるのですが、2人とも没頭したいタイプだったので、そのためにバイトをし、必ず週末に泊まりでホテルを使っていました。

彼女いわく、私との関係で「開眼」(おおげさですが・・・)したそうです。

きっちりと没頭し、自分と相手の気持ちや欲望が一致していることに疑いを持たないことが大事なのだそうです。

卒業後、地方に戻った彼女とは、その後連絡を取っていません。



こういう初体験が今の行動に繋がっていることは間違いない気がします。

更新が滞っており、ご心配をおかけしております・・・・が

あまり、調教機会にも恵まれず、なかなかブログ更新できません。

ところが、以前、、、、といっても本当に10年近く前に調教した女性から、もし良ければ当時のことを寄稿します、との申し出がありました。

女性目線でのお話も良いかと思い、現在、依頼中です。

私も、忘れてしまった、過去の自分を、見ることになるのが、楽しみです。

とりあえず、告知まで。

更新できずにすいませんです。

ファンメールを頂いておりますが、しばらく調教の機会に恵まれておらず、
コンテンツを掘り起こすのに苦慮しているところです。

応援してくださる方、もうしばらくお待ち下さい。
プロフィール

KUDOR

Author:KUDOR
名前 :工藤
住所 :都内在住
SM歴:10年以上の調教経験
好み :性欲の強いM女性
テリトリー:東京・神奈川を中心とした首都圏
ポリシー :秘密厳守。苦痛・不潔・傷が付くような行為はしない。相手の日常生活も思いやる。法律は守る。当人の許可無く、画像・プロフィール等は公開しない。

随時、M女性の調教やSMに関する相談も受付ます
→メールフォームへ
ryou_kudo@hotmail.com
ryoukudo@gmail.com

・SM・調教の初心者の方
・節度を持った主従関係を望まれる方
・調教してくれる人を探している方
・口に言えないような願望を実現してい方

お待ちしています。

SM・調教相談
こちらからもSMや調教についての相談を受付ます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
このブログはFC2ブログランキングに参加しています。気に入った方は下のバナーをクリックして下さい。




このブログはSMBOOK KEITAI RANKINGにも参加してます SMBOOK KEITAI RANKING
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

M女性の調教依頼
★M女性の調教依頼を受付ます。
→メールフォームへ
SM相談
★SMに関する相談を受付ます。
→メールフォームへ
SMアンケート
★常時開設のアンケートです。ブログ内容の充実のためご協力下さい。
→「M女性用アンケート」
参加SNS
Mixi始めました。
Mixiコミュニティ「ソフトなSM」も主催しているので、興味のある方は是非ご参加を!!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
SM SM 調教 SM調教 SM調教 奴隷 マゾ 調教相談 調教依頼 性欲 愛奴 男根様 言葉責め 目隠し 強制オナニー クリトリス吸引 快楽責め ソフトSM