FC2ブログ

クリトリスの大きい女性2

工藤です

なかなか更新できずに申し訳ありません。

私のブログで、結構人気があるのが、クリ責めです。

前からご紹介した通り、私はクリトリスが大きい女性が好きです。

膣で逝く人が好みなのですが、クリトリスは大きければ大きいだけ好みなのです。

もちろん、被虐者であるMさんもそこを責められるのが好きな人が、私にとっても嬉しいです。


以前、映画館の中でいじめた女性のことを覚えていますか?

あの女性は、初調教のあとすっかりクリ責めが好きになりました。

調教によるものいうか、秘められた願望が解放されただけだと思いますが、、、。

そこで、私の初調教以来、クリを吸引してのオナニーが大好きになりました。

そして、初調教から3ヶ月後、2回目の調教を切望され、会ってみたところ、元々大きいクリトリスがさらに成長していました。

普通で居るときは、特に目立つことはありませんが、性的に興奮したときの大きさが一回り大きくなり、まさに小さいペニスのようでした。

それまでのやり取りで、その部分は彼女自ら「おちんちん」と呼ぶようになっていましたが、可愛くで好きでした。

夜8時頃、個室の居酒屋で会って話してみると、本当におしとやかでエレガントな女性です。

私の好み通り、メイクをきちんとしているため、とても綺麗でした。

長い睫毛が、とても色気があって素適です。

食事とお酒をとりながら近況報告。

そのあと、耳元で「この数ヶ月間、どうだった?」と囁くと、途端にスイッチが入ったように目つきが蕩け、

「毎日、触れて欲しかったです」

と言います。

服越しに胸を握ってみると、硬く張り詰めているのがわかりました。

そのまま、回すように胸を揉むと、すぐさま息が荒くなります。

「だめぇ、すぐ良くなっちゃいます、、、」

「こっちも、良くなりたいんだよね」

と、スカートの前をめくり、パンティの前を触れると、まるでテントでも張っているかのように、クリトリスが自己主張していました。

その先端部を、すっ、すっ、と軽く撫でると、

「ひっ、いいっ、そ、それっ」

と、押し殺した声で喘ぎながら、腰を震わせます。

個室の中とはいえ、居酒屋ですから、人目を忍んで、耳を責め、胸を責め、クリトリスを責めを、わずかのタイミングで軽く続けていると、切羽詰まった声で、彼女は哀願してきました。

「もう、がまんできませんっ。二人だけになりたいです」

「二人だけになってどうされたいの?」

「もっと、いぢめてくださいっ」

そこで私は、前回と同じように、パンティの前をハサミで丸く切り取り、クリトリスだけがスカートの中で露出させた状態で、店を出ました。

下りのエレベーターの中で、後ろ手にスカートの前をまさぐってやると、びくっと彼女の身体が震えます。

人目をしのんで、ホテルまでの道のりで、さらに彼女の欲情を上げていただけに、部屋に入って、立ったまま私の男根に握らせてやると、

「もう、耐えられませんっ、いぢめてくださいっ」

と叫ぶように言いながら、自分の身体を私に押しつけてきます。

私は、彼女を下着姿にすると、カーテンを空け、夜の街に向けて彼女を立たせると、後ろからゆっくりとクリトリスをつまんであげました。

「いいっ、おちんちん、きもちいいっ!、」

「見られてるかもしれないのに、こんないやらしいおちんちん、さらけ出して、恥ずかしくないの?」

「は、恥ずかしいですっ」

「恥ずかしいけど、気持ちいいんだよね?」

「はいっ、気持ちいいっ、いいですっ!、ああ、もっと強くしてください」

私は、大きく勃起したクリトリスを根本から先端まで、包皮をずらすように、ゆっくりとしごき出しました。

「ひっ、いいっ、そ、それっ、お、おおっ、おおうっ」

もはや彼女の声は、言葉にならない喜悦の啼き声のみ。

10回もしごかない内に、

「いくっ、いきますっ、ごめんなさい、いきますっ」

と叫ぶなり、ガクガクガクっと腰を振り、彼女は絶頂に達しました。


何十回と達しても、彼女の性欲は衰えず、それが私にとってとても嬉しいものでした。

調教を初めて5時間ほど経過しており、何度も交わっていましたが、私はまだ射精しておらず、私も性欲を持続していたからです。


「ご主人様、恥ずかしいけど、お願いがあります」

「?」

「私の、おちんちんに、、、かけてほしいです」

「ん?、精液?」

「そうでなくて」

「何?、言いなさい。どんな恥ずかしいことでも言っていいんだよ。そのために会ってるんじゃない」

「お、おしっこです」

「私のおしっこを、そのおちんちんに引っかけて欲しいの?」

「はい」

「変態だね」

「はずかしいっ」

そういうと、彼女は私の腕に顔をうずめて、震えています。

耳が真っ赤になっているのが見えました。

「いいよ、ではお風呂に行こう」

私は、それ以上言葉責めはせず、バスタブに彼女を座らせました。

正面を向いて、M字開脚の体制です。

股間では「おちんちん」と言うにふさわしいほど勃起したクリトリスが見えます。

期待感からか、まるで生きているかのように、ヒクヒクと上下に動いていました。

私の男根も勃起していましたから、苦労しながら下に向けると、聖水を発しました。

弧を描く水滴が、私の男根と彼女の淫核を結びます。

ヒットしたした瞬間、彼女は達していました。

「あいい!!!!」

意味不明な声を上げながら腰を振り、股間に私の聖水をぶつけるようにします。

あとで聞いた話ですが、聖水が出切るまでの、10秒程度の時間で、3回程度絶頂に達していたとのことでした。

びくびくと痙攣が止まらない状態が1分近く続きましたが、どうにか収まると、まだ硬く勃起したままの私の男根を、愛おしげに丁寧にしゃぶり出しました。

その彼女の身体をシャワーで流してやり、ベッドまで四つんばいで連れてくると、そのままバックで、私の本気で責め出しました。

「きもちいい」「いく」という歓喜の声。

「もう勘弁してください」という哀願の声。

交互に部屋に響く声は、本当は全て彼女が求めている声だと知っていますので、私の責めはそのまま続くのでした。

テーマ : SM全般
ジャンル : アダルト

プロフィール

KUDOR

Author:KUDOR
名前 :工藤
住所 :都内在住
SM歴:10年以上の調教経験
好み :性欲の強いM女性
テリトリー:東京・神奈川を中心とした首都圏
ポリシー :秘密厳守。苦痛・不潔・傷が付くような行為はしない。相手の日常生活も思いやる。法律は守る。当人の許可無く、画像・プロフィール等は公開しない。

随時、M女性の調教やSMに関する相談も受付ます
→メールフォームへ
ryou_kudo@hotmail.com
ryoukudo@gmail.com

・SM・調教の初心者の方
・節度を持った主従関係を望まれる方
・調教してくれる人を探している方
・口に言えないような願望を実現してい方

お待ちしています。

SM・調教相談
こちらからもSMや調教についての相談を受付ます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
このブログはFC2ブログランキングに参加しています。気に入った方は下のバナーをクリックして下さい。




このブログはSMBOOK KEITAI RANKINGにも参加してます SMBOOK KEITAI RANKING
最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

M女性の調教依頼
★M女性の調教依頼を受付ます。
→メールフォームへ
SM相談
★SMに関する相談を受付ます。
→メールフォームへ
SMアンケート
★常時開設のアンケートです。ブログ内容の充実のためご協力下さい。
→「M女性用アンケート」
→「S男性用アンケート」
アンケートに答えていただいた方には、お礼がてら未公開画像へのリンクが示されます。 画像内容は男女とも共通で、タイトルは「期待」です。
参加SNS
Mixi始めました。
Mixiコミュニティ「ソフトなSM」も主催しているので、興味のある方は是非ご参加を!!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
SM SM 調教 SM調教 SM調教 奴隷 マゾ 調教相談 調教依頼 性欲 愛奴 男根様 言葉責め 目隠し 強制オナニー クリトリス吸引 快楽責め ソフトSM