FC2ブログ

逝きと責めについて

比較的、女性視点での記述が多いので、今日は、私からの視点で。

イク、という言葉は「逝く」と書いたりするように、精神を弾けさせる状態です。

クリトリスでは逝くけど膣では逝ったことが無いM女性も珍しくないのですが、調教を通じて逝くようになることが、とても多いです。

過去にも書きましたが、精神力が強く、妄想力の強いようなM女性は、多くの場合、SMというシチュエーションで簡単に達せるようになります。

・十代の頃から、責められる自分を考えて自慰をしてきた。
・学校や職場のトイレで、なぜか自慰してしまうことがある。
・逝ったことは何度もあるけど、普通の性行為で膣逝きしたことがない。

といった女性ですね。

肉体的な感度より、精神的な開放の方が、「逝く」のに重要なのは間違いないと思います。

特に、M女性さんはその傾向が強いようです。


そういう人達を調教する際は、目隠しをして、きちんと自分の立ち位置を認識させます。

言葉責めで、どんなに自分が飢えているか、心を濡らしているかを、吐露させるのです。

その後は、ゆっくりとペニスへの接触を増やしていきます。

まずは、パンツ越しで触れさせ、少しづつ直接触れさせます。

相手の様子を見ながら行うので、とても長くなる場合があります。

以前の経験では、パンツ越しに剛直を押し付けていただけで、暴発したように達してしまった初心者女性も居ました。

この人は、中逝きは未経験でしたが、挿入するとすぐに逝ってしまいました。

パンツ越しとはいえ、押し当てた段階で、妄想の中では既に犯されて逝っていたのでしょう。


でも、多くの場合は逝きそうになっても我慢させます。

きちんと弾けて開放させる感覚を知ってもらいたいからです。


我慢に我慢をさせ、ようやく先端を濡れた部分に当て、そこから、ゆっくりと力を入れていきます。

亀頭が埋まり切ったところで、また抜く。

雁首で、女性器の陰口を擦る感じでしょうか。

それからは、80%程度の抜き差しを、長く、ゆっくりと行います。

この間、ずっと相手には、自身の状態を、言い続けさせます。

何が入っているのか。
どこに入っているのか。
どんな気持ちなのか。
自分はどんな存在なのか。

そして、限界まで我慢できたら、まず第一弾のご褒美として、逝くことを許してあげます。

そして、逝ったあと、第二弾のご褒美として、100%まで埋めてあげます。

AVのように、腰がパンパンとなるような激しい交わりは、あまりしません。

もっとゆっくり、一回一回の接触を味わいたいし、味わわせたいからです。

濃厚に貪りたいし、貪ってもらいたいのです。

そういう繋がりの方が、一つに溶けるに従い、信頼関係が深くなっていくのがわかる気がします。


しばらく機会が持てませんが、またそういう時が来るといいな、と思っています。




オフ会

久しぶりにオフ会やりたいと思っていますが、何人くらい集まるのかな。。。

一応、9月頃を目途に、週末都内で、という条件で募集してみますので、
管理人とお話しがしたい方は、年齢・性別・ニックネーム・自分の性癖などを添えて
メールしてください。

数年前にやった時は、GW中でしたが、4人程集まったと記憶しています。

寄稿がありました。

前回、お話しした寄稿が実現しました。

かなり以前に調教していた女性からのものです。

出来るだけ、そのまま掲載しようと思いますが、個人を特定しかねない箇所など、一部、中略、削除を行っています。


<ここから>

工藤様。


<<削除>> です。

お久しぶりです。

お元気でいらっしゃいますか?

私は、普通に幸せに暮らしております。

今の夫にも不満がありませんし、性生活の充実しています。

<<中略>>

時折、Mとしての妄想を発散させるために、工藤様のことをご主人様と呼んでいたときのことを思い出し自慰をしていますが、その欲望は、かつてほど峻烈なものではありません。

もちろん、工藤様のブログを拝見しながらです。

ただ、最近、ブログの更新がされていないのを心配もしています。

何かの足しになればと思い立ち、本当に不躾とは思いましたが、こうして筆を取りました。


あのとき、二十代も半ばを過ぎ、自分のことは自分で責任を持てる年齢になったと思っていました。

それにも関わらず、工藤様に調教していただくのに、何回も迷ってしまい、その節は大変ご迷惑をおかけしました。

あれから、もう10年以上経ちますが、初めてお会いしたときのことをはっきりと覚えています。


私は、<<削除>> の頃から自分の性欲の強さと、いじめられることへの性的な渇望があることは自覚していました。

妄想に浸り、昼間からトイレに入り、自慰に耽ることも珍しくなく、仮病で<<削除>>を休み、一日中没頭していたこともありました。

自分の中だけに限定された妄想として、自慰行為で発散できるものと思っていたのです。

ただ、大学を卒業し、就職して間もない頃、はじめて工藤様のサイトを見たとき、衝撃をうけました。

調教されている方達の反応を読んで、

「これは、私だ」

と、直感したからです。

その描写は、直感的に「リアル」な経験に基づいていることがわかりました。

ブログの中の、その方は、読んでいる私が赤面するような痴態を見せていましたが、それこそが私の望んだ姿でした。

就職してからは禁じていた、外での自慰も、学生時代以上に耽るようになってしまいました。


あの後、我慢できずにご連絡し、それから何度も逡巡してしまった際のことは、何度お詫びしても・・・。


初めてのお会いしたとき、待ち合わせ場所で震えが止まらなかったこと、今でも覚えています。

ただ、工藤様の笑顔を見た瞬間、

「この方なら安心だ。この方が私のご主人様なんだ」

と、高揚したの同時に、すっ、と不安が溶けていきました。

不安は無くなったものの、緊張は激しく、まともに目を合わせることもできませんでした。

でも、お酒を飲んだり、お話をしてるうちに、緊張したまま、どこか興奮している自分に気付きました。

何と言ったらいいのか分からないのですが、この緊張感を、楽しむ余裕がどこかで生まれたのかも知れません。


あの個室でして頂いた、他愛も無いような悪戯、覚えてらっしゃいますでしょうか?

私の手の人差し指の中指の間を、丁寧に触られたとき、本当にイキそうになっていました。

指の股と、股間が直結したように感じられたのです。


あの後のこと。

最初の調教のこと、本当に、具体的てなことはあまり思い出せないのです。

ただ、工藤様の <<削除>> に驚いてしまったのを覚えています。

感じて、焦らされて、逝って、逝って、逝って、起きて、責められて、また逝って、、、

疲れているのに、思い切り腰を振ってしまう自分。

逝ったばかりなのに、背中を撫でられただけで、また感じてしまう自分。

最後は、自分ではないように、おねだりしてしまった自分。

そんな記憶があるだけでした。

だから、2回目からは、忘れないように、撮っていただきましたよね。

その後、モザイク処理をしていただいたお陰で、今でも <<削除>> の中に置いてあります。


印象的だったのは、<<削除>> で、冷房をつけずに、汗まみれになって受けた調教です。

工藤様の汗と私の汗、<<削除>> が交じり合い、果てしなく逝かせて頂きました。

あの時、部屋の中に響いていた、とろとろに濡れた音。

あの音は今でも忘れることができません。


たまに、<<削除>> で、湿ったような音を聞くと、ドキっとしてしまことがあるのです(笑)。


今でもあのときの調教を思い出すときがあり、撮っていただいた <<削除>> を見て、自慰で収めているのです。

でも、今では、調教前に感じていた、自慰の寂しさがありません。

それは、作られたエッチな動画や、頭の中の妄想ではなく、私の人生で確かに経験した記録だからだと思います。

もう、お会いできないとは思いますが、あの時の経験は、なぜか温かな記憶となって、私の中で生きています。

1年と数か月の間ではありましたが、工藤様をご主人様と呼び、敬い、奴隷として、気が狂うほどに可愛がっていただいたこと、本当に感謝しております。


これからも、 <<削除>> から応援しております。



<<削除>><<削除>>より



<ここまで>








更新が滞っており、ご心配をおかけしております・・・・が

あまり、調教機会にも恵まれず、なかなかブログ更新できません。

ところが、以前、、、、といっても本当に10年近く前に調教した女性から、もし良ければ当時のことを寄稿します、との申し出がありました。

女性目線でのお話も良いかと思い、現在、依頼中です。

私も、忘れてしまった、過去の自分を、見ることになるのが、楽しみです。

とりあえず、告知まで。

若い女性と熟女

ひさびさに書き込みます。

正確なデータは分かりませんが、どうも女性には性欲というか、自分の性癖に向き合うタイミングが、3回程度あるみたいです。

未成年の性徴期、成人直後、30歳後半~40歳後半。

未成年は相手をしないというポリシーなので、そこは良くわかりませんが、私の経験上も20代の人と、40代の人が多い気がします。

20代の人の方が、簡単な調教で素直に乱れるようになり、40代の人はそれなりに時間はかかりますが、一旦受け入れると、堰を切ったように、欲望が溢れて止まらなくなったりします。

過去の愛奴だった女性も40代で目覚めたタイプで、一度目の調教の後半で達しまくるようになり、二度目の調教では剃毛、いわゆるパイパン状態で現れ、3回目の調教ではアナルを自らおねだりすようになったようなMッ気のある人でした。

その人とは大体、泊まりの調教だったのですが、ホテルの入るとすぐに下着姿になり、私が黙ってみつめていると、

「ご主人様に調教していただきたくて、こんなに勃ってます・・・」

と言いながら、パンティをずらして、勃起したクリトリスを剥きあげ、

「見てください、○○のはしたないところ見てください・・・・」

と呟きながなら、そのクリトリスをペニスのように扱きはじめるのが定番でした。

一度、そのまま放置していたら、30分近くもオナニーを続け、おそらく50回近くイっていたと思います。

最後の方は、

「せめて、男根様の、香りをかがせてください・・」

と言いながら、私のペニスの臭いを、パンツ越しに嗅ぎながらのオナニーでした。

本当に、可愛いMだな、と思いながら、滾らせていたのを覚えています。

やはりSMというのは、信頼関係が最も強くなければ成立しない性行為だと確信しました。

また、私は性欲の強いM女性が、一番の好みなんだな、とも再認識した次第です。



プロフィール

KUDOR

Author:KUDOR
名前 :工藤
住所 :都内在住
SM歴:10年以上の調教経験
好み :性欲の強いM女性
テリトリー:東京・神奈川を中心とした首都圏
ポリシー :秘密厳守。苦痛・不潔・傷が付くような行為はしない。相手の日常生活も思いやる。法律は守る。当人の許可無く、画像・プロフィール等は公開しない。

随時、M女性の調教やSMに関する相談も受付ます
→メールフォームへ
ryou_kudo@hotmail.com
ryoukudo@gmail.com

・SM・調教の初心者の方
・節度を持った主従関係を望まれる方
・調教してくれる人を探している方
・口に言えないような願望を実現してい方

お待ちしています。

SM・調教相談
こちらからもSMや調教についての相談を受付ます

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
このブログはFC2ブログランキングに参加しています。気に入った方は下のバナーをクリックして下さい。




このブログはSMBOOK KEITAI RANKINGにも参加してます SMBOOK KEITAI RANKING
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

M女性の調教依頼
★M女性の調教依頼を受付ます。
→メールフォームへ
SM相談
★SMに関する相談を受付ます。
→メールフォームへ
SMアンケート
★常時開設のアンケートです。ブログ内容の充実のためご協力下さい。
→「M女性用アンケート」
→「S男性用アンケート」
アンケートに答えていただいた方には、お礼がてら未公開画像へのリンクが示されます。 画像内容は男女とも共通で、タイトルは「期待」です。
参加SNS
Mixi始めました。
Mixiコミュニティ「ソフトなSM」も主催しているので、興味のある方は是非ご参加を!!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
SM SM 調教 SM調教 SM調教 奴隷 マゾ 調教相談 調教依頼 性欲 愛奴 男根様 言葉責め 目隠し 強制オナニー クリトリス吸引 快楽責め ソフトSM